クレジットカードからも過払い金請求はできる!

クレジットカードからも過払い金請求はできる!

クレジットカードの過払い金請求ができることをご存知ですしょうか?

その際に、キャシング枠やショッピング枠などの仕組みを知っておく必要があります。過払い金が発生している主なクレジット会社を知っておくことも、トラブルの回避になるでしょう。

また、クレジットカードの過払い金請求にはデメリットがあり、今後新しく作る時にも影響が出る可能性があります。

クレジットカードの過払い金請求についてご説明しますので、参考にしてみてください。

過払い金請求の仕組み

dollar-1362244_960_720-1

過払い金とは、貸金業者などに払い過ぎたお金のことです。 貸金業者が徴収する利息について定める法律は2つありました。

それは「出資法」と「利息制限法」です。

出資法では一律29.2%と上限を定めているのに対して、利息制限法では借金の額に応じて10万円未満20%、10万円以上100万円未満18%、100万円以上15%と定めていました。

ですが、実際には多くの貸金業者では29.2%という出資法の規定のみが使われていました。

この出資法と利息制限法の間にある差が「グレーゾーン金利」として問題視され、ついには最高裁判所で「グレーゾーン金利」にあたる部分は「払い過ぎた利息」であり、返還請求をすることで取り戻すことができるという判例が出されました。

これにより多くの人が過払い金請求を行い、払いすぎた利息である過払い金を取り戻すことができるようになりました。 しかし、貸金業者は過払い金が発生していることを教えてくれるわけではありません。

そのため自分で引き直し計算をしたり、弁護士や司法書士に依頼したりして過払い金が発生しているか確認することが必要になります。

クレジットカードからも過払い金請求はできる

JSK542_manken_TP_V

クレジットカードのキャッシング枠は過払い金請求ができる

クレジットカードのキャッシング枠は金銭消費貸借契約であり、消費者金融からの借金とほとんど変わらないので利息制限法が適用されます。

そのためグレーゾーン金利で支払っていた場合には、過払い金請求をすることができます。

クレジットカードのキャッシング枠について過払い金請求をした場合には、カードが解約されることが一般的なので、それ以後カードが使えなくなる可能性が高いということは理解しておきましょう。

キャッシングの利用はもちろん、ショッピングもできなくなります。 しかし、過払い金請求をしただけならば信用情報に傷ができることもないため、他社のクレジットカードは問題なく作ることが出来ます。

カードが解約された時、ショッピング枠の残高が残っていた場合にはそれもカード会社に対する債務となり、キャッシング枠の残高と一緒に引き直し計算がされます。

わずかでも債務が残ってしまったら、任意整理をすることになってしまうということには注意をしておきましょう。

クレジットカードのショッピング枠は「借金」ではないので過払い金は発生しない

過払い金請求は借金の返済時に払い過ぎた利息分の返却を要求する行為です。

ただし、現金融資の利用で生じた利息が対象なので、クレジットカードのショッピング枠には該当しません。

クレジットカードのショッピング枠は、支払金を一時的にカード会社が肩代わりするシステムです。

返済時には利用金額の他に手数料が発生しますが、ショッピング枠の利用で生じる手数料は法律で定められた金利に基づいて算出される借金の利息とは異なります。 そのため、金額の大小に関わらず過払い金請求の対象にはなりません。

過払い金が発生しているクレジットカード会社

Green6_huropc20141123161454_TP_V

過払い金請求が可能なクレジットカードの中には、過去に法定金利を超える20%台の貸付金利を適用していた信販会社が該当します。

セゾンカードは2007年以前にキャッシング利用を行っていた分が対象です。 当時はキャッシング金利を24%から29%程度としていたので、法定利率を上回る貸付を行っていました。

オリコについては、キャッシングを行っていた時期が2007年以前の場合には法定利率を超える貸付が行われていた可能性があります。

UPTYカードについては、2010年の貸金業法完全施行直前まで契約切り替えを行わない限り、違法金利での貸付が続いていたので、過払い金請求を行える可能性が高いです。

要注意なクレジットカード会社として、セディナがあります。 旧OMCと旧セントラルファイナンスだけでなく旧クオークまでが合併してセディナとなっているので、過払い金請求を行なう際には過去に法定外金利で貸付が行われていた貸付だけを考えても意味がありません。

現在セディナに統合されている全ての貸金業者からの借入が、過払い金請求により全て無くなることを前提とする必要があります。

残債が残る過払い金請求は、任意整理扱いとなる危険性があるので避けたいものです。

クレジットカードの過払い金請求をする時の気をつけたいこと

TSU933_dokodemoohiru_TP_V

過払い金請求をしたクレジットカードは使用できなくなる

過払い金請求をすることで支払いすぎたお金を取り戻すことは出来ますが、クレジットカードでキャッシングしていた場合だと過払い金請求をしたことでそのクレジットカードは使用することができなくなるというデメリットも存在します。

なぜこのようなことが起きてしまうのかというと、クレジットカードに対して過払い金請求を行うということは解約手続きになるからです。

解約手続きであるという意識はなくても、過払い金請求は解約手続きということになるので、解約したカードは当然使用することが出来ないということになります。

この場合、他社のカードに関してはそれまで通り使用することが出来ますので、過払い金請求したカードのみに起こると考えて問題ありません。

また、クレジットカード以外にも過払い金請求した会社が発行しているETCカードなどについても使用することができなくなります。

あとになって困らないように事前に弁護士などによく相談して過払い金請求することが大切です。

債務が残る場合はブラックリストに載ってしまう

過払い金請求を行った際に、取り戻せる過払い金よりも現在の借入残高が上回ってしまうと、相殺処理をしても債務が残ってしまいます。

過払い金請求をしたつもりであっても、残債が生じてしまうと実質的には任意整理を行った状態として扱われます。

任意整理を行うとブラックリストに登録されてしまうので、個人信用情報機関へ事故情報として記録が掲載されてしまいます。 完済している場合は問題ありませんが、返済中に過払い金請求をする場合は注意が必要です。

過払い金で債務を完済することができるか、事前に確認することが大切になります。

ショッピング枠の債務がある場合もブラックリストに載ってしまう

クレジットカードの過払い金請求を行った際にブラックリストに載ってしまう可能性があるものに、完済前に過払い金請求を行い返ってくる過払い金が借金の金額を下回ってしまった場合があります。

これは任意整理となるので事故扱いとなりブラックリスト入りしてしまうことになります。

では、完済していれば安心なのかというと、必ずしもそうではありません。 何故かと言うと、自分では完済しているつもりでも実際は完済扱いになっていないケースも少なくないからです。

クレジットカードのキャッシング枠で過払い金が発生していたとしても、その過払い金はショッピングの支払いに充当されてしまうのです。

つまり、クレジットカードのキャッシング枠での過払い金がショッピング枠の支払金をまかないきれない場合には、これも任意整理扱いになってしまうのでブラックリストに掲載されてしまうのです。

このショッピング枠についても、請求先のカード以外に関連会社のカードでショッピング枠を使用していないかを確認することが必要です。

借り入れをした時は別会社であっても、請求時には合併していたなどというケースもありますので、過払い金請求をする前によく確認しておくことが大切です。

関連会社のクレジットカードやローンの審査が組めなくなる可能性がある

過払い金請求をすると請求先のクレジットカードは使えなくなりますが、ブラックリストに登録されていなければ、他のクレジットカードを作成したり、使用したりすることはできます。

しかし、請求先の関連会社やグループ会社の場合は、クレジットカードの作成やローンを組みことができないことがあります。

なぜなら、社内のブラックリストというものがあり、そこに過払い金請求をした人を登録しており、関連会社やグループ会社にも共有しているからです。

過払い金請求は業者からすると好ましいものではありません。 そのため請求した人の情報を共有して、借入できないようにするところがあります。

ですから、クレジットカードの過払い金請求をする場合は、請求先の関連会社やグループ会社から、クレジットカードの作成やローンが組めなくなっても大丈夫か確認することが重要になります。

過払い金請求をした後にクレジットカードを作る方法

credit-card-1520400_960_720

完済している場合は過払い金請求をしてもクレジットカードは作れる

完済している場合は、過払い金請求をしても信用情報になんの影響も及ぼさないため、クレジットカードを作る事が可能です。

かつて、過払い金請求をしただけで信用情報にその事実が記載されていた時期もありました。 しかし金融庁によって過払い金請求は正当な権利であり、個人の支払い能力を否定するものではないという見解から、記載を行うべきではないと方針が示されました。

そのため現在では完済して時の過払い金請求は記載されず、過去に記載されていた分も削除されることになりました。

ですから、ブラックリストに登録されることがなく、クレジットカードを作成することができるのです。

過払い金請求をして債務が残ってしまう場合はクレジットカードが作れない可能性が高い

過払い金請求を行えば、返済義務から開放されて楽になると考えがちですが、返済中の場合に過払い金請求をしようしている時は一度考える必要があります。

なぜなら、クレジットカードにはキャッシング枠だけでなくショッピング枠も存在するので、キャッシング枠についてのみ過払い金請求が出来ますが、ショッピング枠の残債があると過払い金と相殺処理されます。

完済後または過払い金請求を行って残債が無くなるのであれば、信用情報にキズが付きません。 しかし、過払い金で完済することができなく債務が残ってしまうと。任意整理扱いとなってしまいます。

任意整理となると、個人信用情報機関へ任意整理を行った事実が記録され、事故情報という信用情報にとってマイナスな記録がつきます。

クレジットカードを作成する際には、加盟している個人信用情報機関を参照して審査を行なうので、信用情報にマイナスな記録があると審査に響いてしまいます。

貸金業者の統廃合が進んでいるので、過払い金請求を行なう際には系列のクレジットカードについても慎重に確認した上で実行することが求められます。 そして寒が残らないように過払い金請求をすることが大切になります。

一度でも過払い金請求をした業者からはクレジットカードは作れない

クレジットカード業者に対して過払い金請求を行うと、原則として解約扱いになります。そして2度とその業者を利用することが出来なくなると考えた方が良いでしょう。

クレジット機能にはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、過払い金請求の対象となるのはキャッシング枠です。

ショッピング枠は信販会社がお買い物の代金を一時的に立て替えると言うシステムになっているため、法律的には「立替金」であって「借金」ではないからです。

しかし、過払い金請求を行った場合は、キャッシング部分だけではなくショッピング部分も利用できなくなることに注意しましょう。

まとめ

pants-1826127_960_720

クレジットカードのキャシング枠であれば、過払い金請求をすることができます。

過払い金請求を行うにあたり、ブラックリストに載ってしまったり、今後関連会社でのローンが組めなくなってしまったり、クレジットカードが作れなくなってしまう可能性が高くなったりと、リスクも伴うため注意が必要です。

クレジットカードの過払い金請求はデメリットが大きい場合があります。

ですから、過払い金請求をする前にデメリットを理解して、代わりのクレジットカードを事前に作成しておいたり、ショッピング枠を返済しておいたり、対策を講じてか請求を行うようにしましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ