過払い金請求をしたら住宅ローンは組めなくなるのか?

過払い金請求をしたら住宅ローンは組めなくなるのか?

「憧れのマイホームを手に入れたい!」そう思ったとき、多くの人が住宅ローンを組むことになります。

もし過払い金請求をした場合、住宅ローンを組むことに支障が出ないかどうか気になるところでしょう。 住宅ローンには厳しい審査があり、「過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまうのでは…」といった不安があるかもしれません。

過払い金請求の住宅ローン審査への影響は実際どうなのか、マイホームを手に入れることは可能なのか詳しく見ていきましょう。

まずは過払い金請求について知る

pen-631321_1920-1

過払い金とは金融業者からお金の借入れ返済をしていた際に、本来返す必要のない、支払い過ぎていたお金のことを言います。

金融業者は法律に則ってお金を貸し出します。 この根拠となるのが利息制限法です。 利息制限法では、金利の上限が15%から20%と定められています。 ですが、出資法というものもあり金融業者では、この出資法の上限金利29.2%を基準に高い金利でお金を貸し出していました。

この金利の差をグレーゾーン金利と呼び、金融業者はグレーゾーン金利を利用して高金利で貸し出しを行っていたのです。

しかし、2006年に貸金業法改正が決まり、2010年に出資法の上限金利は利息制限法の上限金利の15%から20%に引き下げられました。 この改正でグレーゾーン金利は撤廃され、利息制限法以上に支払いをしていたお金は返還請求ができるようになったのです。

過払い金請求には時効があります。 民法で債権の請求は、使用しないで10年を経つと消滅するとされているためです。 時効で請求の権利が失効するは残念なことですので、過払い金の心当たりのある方は、時効が成立する前に取引履歴を業者から取り寄せるなどをして過払い金の確認をしてください。

過払い金請求をすると住宅ローンに悪影響がある?

TAKEBE_micyatta_TP_V

ブラックリストとは

ブラックリストとは、実際にそのようなリストがあるわけではなく、賃金業者が加盟する信用情報機関にマイナスの情報(債務整理や借金の延滞など)が登録されることで、新たな借入ができなくなったり、クレジットカードが使えなくなることを、一般的に「ブラックリストにのる」と表現します。

一度ブラックリストにのってしまうと、5年から7年間程、お金を借りることができなくなってしまいます。

過払い金請求をした場合、ブラックリストにのってしまうのかどうかが気になる点ですが、これにはのる場合とのらない場合があります。

まず、完全に借金を返済した状態で過払い金請求を行う場合は、ブラックリストにのることはありません。 ですが、借金返済中に過払い金請求を行うと、債務整理とされ、ブラックリストにのってしまいます。 というのも、過払い金請求は基本的に完済した借金に対して行われるものですから、返済中に請求した場合、任意整理とみなされてしまいます。

ですが、過払い金請求を行い返還してもらった金額で借金が完済する場合ですと、信用情報から債務整理の記録が削除され、ブラックリストにのったということも白紙に戻ります。

ですが、一円でも借金が残っていた場合、ブラックリストにのってしまいますので、注意が必要です。

過払い金請求をしても住宅ローン審査への影響はない

過払い金請求をしてもブラックリストにのることはないので、住宅ローン審査への影響はありません。 ただし、過払い金を引き直し計算した後も、なお借金が残ってしまっていた場合には、任意整理をすることになるので、住宅ローン審査に大きく影響してしまいます。

過払い金請求をする人には、すでに完済しているケース、返済中だが過払い金請求をすることで借金がゼロになるケース、過払い金を引き直し計算してもなお借金が残ってしまうケースの3つのパターンが考えられます。

前の2つのパターンでは、ブラックリストにのることはありません。

3つ目のパターンの場合には、およそ5年間は住宅ローンが組めなくなるので、よく考えるべきです。 弁護士などに依頼をすると、過払い金請求の後に任意整理をすることになるのかどうかをしっかりと説明してくれますので、安心できます。

過払い金請求をしても今ある住宅ローンへの影響もない

過払い金請求をしただけで、任意整理にならなかったのであれば、すでに契約をしている住宅ローンへの影響もありません。 信用情報に傷がつかないので、金融機関には過払い金請求をしたという事実を知る手段もありません。

例外的に、住宅ローンを借りている銀行グループの消費者金融などへ過払い金請求をした場合には、知られてしまう可能性がわずかにできてしまいます。

しかし、仮に知られてしまったとしても、過払い金請求をしたことを理由に住宅ローンを解約されることはありませんので、基本的には問題はないでしょう。

住宅ローンの借り換えをする予定があって、その銀行が過払い金請求をする先の金融機関と同じグループに属している場合には、やや注意が必要になります。

過払い金請求の結果、住宅ローンが組めなくなる場合

hyacinth-1403166_1920

ローンの審査は信用情報が重要になる

住宅ローンは長期的に高額の融資を受けるタイプの借り入れになりますので、審査では信用情報がクリーンであることや、支払い能力の有無が何よりも重要になってきます。

過払い金請求をした場合、現在取引がある場合には、業者は取引履歴の開示を弁護士や司法書士から求められた時、あるいは過払い金の請求をしてきた時などにその情報を「任意整理中」として信用情報に登録します。

信用情報というのは、全国に3つある信用情報機関に掲載されている様々な取引状況の情報のことで、債務整理をした人は借金が苦しいと判断されることになります。 もちろん、過払い金が発生していることが確定した時には、和解を締結して契約を解除した後はその記載内容は消去されます。

しかし、通常は過払い金請求から和解締結までに数か月、訴訟を起こした時には半年以上の期間が必要になるため、長期にわたってブラックリストに掲載されるということは、それだけ支払い能力に疑問を持たれることにつながりかねません。

これらを考慮すると、住宅ローンを組むタイミングとしては、過払い金の請求をしてから和解を締結し、ある程度期間が経過してからが良いと言えるでしょう。 ただし、和解締結後にいつ信用情報の記載を削除するかは業者によって異なります。

返済中の過払い金請求はブラックリストに登録されてしまう可能性がある

現在返済を続けている取引の場合でも、そもそもの契約が約定利率を上回っている金利であれば、利息の引きなおし計算をすることによって過払い金が発生している可能性は十分あり得ます。

ただし、返済中の過払い金請求の場合には、取引先からブラックリストへの登録をされてしまうことは避けようがありません。 ブラックリストというのは、契約中の取引に関して、債務整理などの債権者に負担を強いる手続きをしたときに掲載されるものです。

もちろん、新規の借り入れや住宅ローン、自動車ローンなどのローンの申し込みをしたときは、審査の段階で信用情報をチェックしますので、任意整理中であることがすぐにばれてしまいます。 契約中の取引について過払い金請求をするときは、このようなリスクも考慮しましょう。

住宅ローンを組む金融機関が、過払い金請求をした業者と関連会社だった場合は組めない可能性がある

住宅ローンの申し込みをするときには、借入先が過払い金請求をした業者と関連していないかを確認する必要があります。

というのも、ブラックリスト自体は、過払い金請求の手続きが終了すれば削除されますので、無関係の業者は借り入れを再開するときに特に審査で引っかかることはありません。

しかし、関連会社の場合には、過払い金請求をされたことが半永久的に記録として残されていますので、時間をおけば審査に通るという可能性は非常に少なくなります。 債務整理にかかわった会社は、独自のデータベースで債務整理を行った記録を継続して登録しており、仮にブラックリストの内容が削除されたとしてもこのまま残り続けます。当然、関連会社はその情報を共有していますので、数年間待ってから申し込みをしても結果は変わらないでしょう。

したがって、住宅ローンを申し込む場合には、自分が過払い金返還請求をしている会社と関連があるかどうかを確認しておくことも重要です。 過払い金は住宅購入の際の頭金としても非常に重要ですが、肝心の住宅ローンが組めないような事態に陥らないためにも、あらかじめ過去に取引のあった業者と関連しているかどうかを確認し、申し込み先を選びましょう。

住宅ローンを組みたいし、過払い金請求もしたい場合

room-2269594_1920

基本は完済してから過払い金請求をすること

現在キャッシングなどの借金があるものの、取引が長いので過払い金請求をすればお金が戻る可能性が高い人で、住宅ローンも組みたいと考えている人は、手続きの順番に注意が必要です。 過払い金請求は過払い金が戻ってきて、住宅ローンを組むときに頭金の足しにできるのは非常にありがたいものです。

ですが、過払いがあるとはいえ、任意整理の交渉を行っているという情報が信用情報機関に登録されてしまうと、ブラックリスト扱いになります。 ブラックリスト入りした債務者は、住宅ローンの審査でほぼ確実に落とされてしまいますので、どこに申し込んでも融資を受けられません。

住宅のように高額なローンを組むときは、できるだけ良い条件の金融機関で融資を受けることが大切ですので、身ぎれいな状態で借り入れ申し込みをする必要があります。 基本的には、過払いがあるのが分かっていても、現在の借金を完済してから過払い金請求をするのがおすすめです。

ブラックリストは継続中の取引についてのみ登録されますので、完済後であれば過払い金請求をしても信用情報に傷がつくこともなく、ローンの申し込みをする際にも優良な債務者と認識されます。 借入残高によってはかなりまとまった資金も必要になりますが、できるだけ借金せずに資金を用意しましょう。

返済中に過払い金請求をする場合は過払い金で完済できればローンが組める

クレジットカードのようにショッピングとキャッシングを一つの会社で利用しているケースや、同じ業者から複数の借り入れがあるケースなどは、完済してからの過払い金請求が難しい場合もあります。

このようなケースで間違いなく過払い金が発生する場合には、一時的にブラックリストに登録はされますが、先に過払い金請求を行います。 過払い金が戻ってきたら、そのお金でショッピングの部分や他の業者からの借入を完済することで、取引のある業者がいなくなり、すぐにブラックリストの登録が抹消されます。 そのあとで住宅ローンの申し込みをすれば、信用情報に傷がついていない債務者という扱いになりますので安心です。

なお、すべての借金を完済できないという場合には、過払い金請求をした業者に対してのみ完済すれば足ります。

債務整理の交渉などをしていない業者からは何も登録されませんので、借金が残っているという事は審査の際に知られてしまいますが、ブラック扱いにはならずに済みます。過払い金が戻ってくるまでに数か月は要しますが、本来の5~7年程度のブラックリストの登録は免れますので、住宅ローンの申し込みまでに余裕があるうちに過払い金請求を進めましょう。

住宅ローンを組んでから過払い金請求を行う

過払い金の額がそれほど大きくなく、業者に完済できる可能性が低いという場合には、逆に住宅ローンを先に組んで、過払い金請求をするという方法もあります。

この方法ならば、住宅ローンを組んでいる時点では何もアクションを起こしていないため、借金が残っているもののブラックリストにはなっていない債務者という扱いになります。

ローンの審査にはやや不利ですが、ブラックになっているよりも条件は良いため、金額や本人、連帯保証人の支払い能力次第では融資が受けられるでしょう。 ローンが無事に組めたら、金融機関から信用情報をチェックされることはほとんどありません。 その時点で過払い金請求を行うと、住宅ローンを組みながら過払い金請求もできることになります。

ただし、過払い金で完済できない場合には、債務整理の扱いとなって数年間ブラックリストになってしまうこともあります。 住宅以外にも車や教育費などで借り入れをする予定がある場合には、住宅ローンを支払いながらできるだけキャッシングを早めに完済してローンが組める状態に戻さなければなりませんし、ローン完済までの資金繰りも考える必要があります。

過払い金があるのがはっきりしていても、専門家に相談して最適な方法を探したほうが良いでしょう。

まとめ

family-home-475879_1920

過払い金請求については返済完了してさえいれば、利息を払いすぎていただけなので、ブラックリストに登録されることはなく、住宅ローンの審査に影響はありません。

また、いま組んでいるローンに影響もなく、ローンの一括返済や今の契約条件を不当に変更されるなどもありません。

ただし、借金が残っていると住宅ローンの審査に通る可能性が低くなるので、完済できる場合は早めに完済することが重要になります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

  • No.4
  • アディーレ法律事務所
  • アディーレ法律事務所は、池袋を本店とし、全国に76の支店を持つ法律事務所です。弁護士150名以上を含む総勢900名以上が在籍しています。過払い金請求や債務整理に特化し、借金問題の解決に取り組んでいます。「返金保証制度」を導入しており、満足できなかった場合、90日以内であれば着手金を全額返金するとしています。

    • 債務整理に関するご相談は何度でも無料
    • 弁護士費用は最大12回までの分割払いが可能(債務整理の方針による)
    • 朝10時から夜10時まで、土日祝日も休まず受付け
    • 匿名・無料で利用可能
    • ご相談時に弁護士費用を事前にお見積もり
  • No.5
  • 新宿事務所
  • 10、20、30、のCMでお馴染みの司法書士法人新宿事務所。電話による過払い金無料診断は365日24時間受け付けています。東京新宿本店・横浜駅前支店・大宮駅前支店・千葉茨城支店・東北仙台支店を持ち、司法書士が全国どこでも依頼者の自宅まで出張相談可能です。

    • 相談無料
    • 完全成功報酬制
    • 秘密厳守