知らないと損する過払い金請求のデメリットについて

知らないと損する過払い金請求のデメリットについて

借金をしたことがある人ならば、一度は気にしたことがあるであろう過払い金請求。 しかしそこで気になるのが、デメリットがあるのかどうかという点です。 過払い金請求にデメリットが生じるか否かは、その人の状態によって異なります。

また、自分で請求を行うか、専門家に依頼するかによっても違うデメリットが生じます。

場合によってはデメリットを負ってでも請求した方がいいケースもあるので、自分の置かれている状況をよく考えた上で選択することが大切です。

借金を完済している場合の過払い金請求はデメリットがない

TRTM9707_TP_V

過払い金請求をすると、ブラックリストにのってしまうということを聞いたことがある人は多いでしょう。 しかし、実際には過払い金請求をしても、その後任意整理などをしなければ、基本的にはブラックリストにのることはありません。

あえてデメリットを言うなら、手間や時間がかかることがあげられるでしょう。 司法書士や弁護士に依頼をする場合には、そのための費用もかかります。

しかし、過払い金請求をしなければ1円たりとも戻ってこないものが、弁護士などに依頼をして過払い金請求をすることで大きなお金が戻ってくるなら、弁護士費用などについてはトータルではデメリットとは言えません。

手間と時間についても、専門家に依頼をすればほぼすべての手続きを代理人としてやってくれるので、ほとんど気にすることはなくなります。

特に、完済をしている場合の過払い金請求には基本的にはメリットしかありません。 過払い金を引き直し計算してもなお借金が残ってしまう場合には、その借金について任意整理しなければならないという問題が起きます。

しかし、すでに借金を完済している場合には、借金が残るかもしれないという不安を感じることなどもなく、払いすぎたお金が戻ってくるというメリットだけを受けることになります。

借金を返済中の過払い金請求にはデメリットがある

OOK3S0320140322153050_TP_V

ブラックリストに載ってしまう場合がある

返済中に過払い金請求をするとブラックリストに載ってしまう可能性があります。

そもそもブラックリストとは何か、ということが分からないまま不安に思っている方もいらっしゃいます。

実はブラックリストという名前のリストが存在しているわけではありません。

過払い金が関係しているのは一部の消費者金融から法外な利率でお金を借りていた場合ですが、消費者金融などからお金を借りると個人の信用情報(クレジットヒストリー)に返済状況が記録されます。

滞りなく返済していれば$マーク、未納だとAマークといった形式で記録され、未納が続くと返済状況(移動発生日)の欄に「異動」と書かれます。これがブラックリストに載ったという状態になります。

返済が完了していない状態で過払い金請求をして、戻ってきたお金で借金を完済出来ればブラックリストに影響はありません。 しかし、戻ってきたお金を補填しても借金が残ってしまった場合には、返済状況蘭に任意整理(債務縮小の意)と書かれるため、ブラックリストに載ったと言われているのです。

賃金業者から新規借入が出来なくなる

ブラックリストに載るとどのような影響があるかも知っておきましょう。

クレジットカードを作る場合やローンを利用する場合、審査があることはご存知の方も多いでしょう。

この審査では個人の信用情報を管理している信用情報機関のデータを調べてお金を貸すに足る信頼性がある人物かどうかをチェックしています。信用情報に「異動」と記載がある場合は審査に通りにくくなります。

金融機関によって、どのデータに重点を置くかは違っていますが、ブラックリストに載った状態で、きちんとした金融機関で新たにローンを利用したり、新しくクレジットカードを作る事はほぼ出来ないと考えて良いでしょう。

つまり、新たに借金をすることが出来なくなるのです。

これが消去されるまでには5~7年ほどかかると言われています。ご自分の状態がどうなっているのか信用情報の開示請求をして確認することは可能ですので、申請してみると良いでしょう。

過払い金請求にはこのようなデメリットがありますが、たとえブラックリストに載って新たな借り入れが出来なくなったとしても、多額の借金に苦しむくらいなら減額して楽になった方が良い場合もあるでしょう。戻ってくる額と残金をきちんと把握してから過払い金請求を行う事をお勧めします。

自分で過払い請求をする時のデメリット

S20170330595814_TP_V

時間と手間がかかる

過払い金を回収するまでには多くの手続きがあります。

自分で過払い金請求をすることで、時間や手間がかかることはデメリットになるでしょう。手続き内容も慣れない状態で行うため、不安になってしまいます。

過払い金請求で大事なのが、金融業者に取引履歴の開示を請求しひき直し計算をすることです。その結果を踏まえ、過払い金の請求や電話での和解交渉を行い、和解が成立しない場合は裁判での訴訟提起になってしまいます。

過払い金返還をしてもらうためには複雑なやり取りがありますが、最初の時点で和解が成立しないと諦めてしまいがちです。 専門家を通して請求することで、そのような手間や負担をなくし、安心して請求をすることができます。

取り戻すことができる金額が低くなる可能性がある

自分で過払い金請求をするデメリットとして、取り戻すことのできる金額が低くなってしまう可能性があります。賃金業者は強気な交渉に出てくる場合があるので、注意が必要です。

賃金業者は不当な低額の和解金額を提示してくることがあり、場合によっては払う必要はないと断言して払わないこともあります。

専門家に比べ知識が少ないので、低額になってしまっても返してもらえるならと納得してしまうこともありますが、諦めないようにしましょう。

過払い金の引き直し計算は非常に重要で、間違った金額を提示すると、金額が異なっていると返してもらえないこともあります。自分で過払い金請求をする際は、金額をしっかり確認し、その額で返してもらえるまで交渉する根気も必要なのです。

家族に借金をしていたことが知られる可能性がある

過払い金請求を自分でした場合に、家族に借金をしていたことが知られてしまう可能性があり、デメリットの一つと言えるでしょう。

賃金業者とのやり取りの書類は、自分で行った場合に自宅に届きます。家族がその手紙を受け取る可能性があり、中を見なくても内容がわかってしまうことがあるのです。

このように、家族に内緒で借金をしてしまい、過払い金請求を考えている場合は、専門家に頼むことでそれを回避することができます。

過払い金を取り扱っている法律事務所に手続きの書類は届くように設定し、自分の携帯電話で連絡を取り合えば、知られることなく進めることができるでしょう。自分で行う場合は、書類の受け取りには注意するようにしてください。

返済中の場合は返済や督促が止まらない

過払い金請求の際に、弁護士や司法書士などの専門家に頼むと「過払い金請求委任契約」を結ぶことができます。

この契約の手続きを受任したと記載してある「受任通知」を賃金会社に送ることで、相談者への督促を止めることができるのです。

これは、専門家による書面での記載が有効であり、自分で過払い金請求をする際に使うことはできません。よって、自分で過払い金請求をした際は、返済や督促を止めることができないので、デメリットになってしまうのです。

受任通知を受け取った場合は、法律の力で督促を止めることができます。 受け取った後に督促をすると、懲役や罰金などの規定があるので、賃金業者は守るはずです。

このように、督促を止めるためには、法律の専門家に任せて書類を作ることが大切となります。

専門家に依頼した場合のデメリットとは

worried-girl-413690_1920

過払い金請求をする場合、専門家に依頼する場合と自分で行う場合とがあります。

専門家に依頼すると自分で行うよりも手続きや煩雑な知識を覚える手間や時間がかからないメリットがありますが、もちろんデメリットもあります。

過払い金請求を行う専門家とは、おもに弁護士と司法書士となります。弁護士と司法書士では、扱う業務が多少異なるため、訴訟になる確率の高い場合や請求金額が高い場合は弁護士に依頼するべきです。

また、専門家でも過払い金請求が得手不得手があるので、実績が豊富な事務所を見つけ出さなければなりません。

専門家に依頼する最大のデメリットは、費用が発生することです。近年では無料でできるところもありますが、まず相談料がかかります。次いで過払い金請求の着手金がかかり、次いで基本報酬がかかります。

これらの金額は事務所によって異なりますが基本的には1業者ごとにかかります。そして成功した場合、相場では成功報酬として返還額の20から25パーセントほどかかります。完全に返還されなくても、借金の減額分の10パーセントほどが請求されることになります。

デメリットを考えて過払い金請求をする

YOTA82_moshimosi15113909_TP_V

ブラックリストに載っても過払い金請求をした方が良い場合もある

過払い金は請求すれば戻ってくることが2006年に決まり、完済してから10年で請求権がなくなるため現在過払い金請求が盛んに行われています。しかし過払い金請求を行うとブラックリストに載ってしまうというデメリットを考えてしない人も多くいます。

ブラックリストに載ってしまうと、他の消費者金融などとの契約ができなくなってしまうリスクがありますが、もし借金を完済した後に過払い金請求をした場合や過払い金請求をしたことで借金が返済できた場合にはブラックリストに載ることはありません。

請求した後でも借金が残っている場合は、ブラックリストに載ってしまう可能性もありますが、そもそも過払い金請求をすることで現在の借金の額が大いに減少することもあるうえに、返還された過払い金を借金返済に充てることができるので、借金返済のための期間が早く終わることになり苦しい借金生活から抜け出すことになります。

そのためデメリットよりもメリットが大きい場合もあります。

いずれにしろ、どれほどの過払い金が生じているのかを確かめる必要はあります

請求した賃金業者以外から借入はできる

過払い金請求を行うと新規借入ができなくなるというデメリットがありますが、完済している場合の過払い金請求は同一貸金業者の場合に限られます。

過払い金請求は法律で認められた行為ですが、貸金業者にとっては利益が減ってしまうため、印象がよくありません。

そのため、業者独自で管理している顧客情報には、要注意人物として記録が残される可能性があり、ブラックリストに載らなくても新規借入の審査には落とされてしまいます。

しかし、別の貸金業者では信用情報をもとに審査するため、ブラックリストに載っていなければ新規借入が可能です。

なお、返済中に過払い金請求を行うと債務整理の一環とみなされブラックリストに載ってしまうため、しばらくの間は別の貸金業者でも借入はできなくなります。

過払い金請求のやり方は費用だけでなくトータルで考える

過払い金請求と聞くと、個人で行うのではなく弁護士に相談するということが主流のように思われますが、もちろん個人で行うこともできます。

個人で過払い金請求を行えば、弁護士に依頼するための料金や成功報酬を支払う必要がないというメリットはありますが、個人で過払い金請求を行うことにはさまざまなデメリットもあるので、トータルでどちらがメリットが大きいかということを考えて決めることが最適です。

個人で過払い金請求を行うと、まず自分にどれほどの過払い金があるのかを計算する必要があり、膨大な知識が必要となります。

また、貸金業者から取引履歴を取り寄せてから過払い金請求をする必要があります。

その後に交渉をして返還額を決め、場合によっては裁判所へ訴訟を起こす必要があります。このような煩雑な手続きを自分で行う必要があるため、手間と時間がかかるというデメリットがあります。

弁護士に依頼すればこれらの手続きを代行してくれます。

また、貸金業者の過払い金の交渉担当者はプロなので個人で請求をした場合には、交渉の結果により実際に発生している過払い金の金額よりも少ない金額で和解することになってしまい、返金額が大いに少なくなるというデメリットが生じることもあります

まとめ

PAK23_notedentaku20140312_TP_V

過払い金請求は、借金を完済していれば払い過ぎた利息が戻って来るというメリットがあります。

一方、借金をまだ返済中の場合には、ブラックリストに載ってしまうことや賃金業者から新たな借入ができなくなるといったデメリットもあります。

そのため借金を完済していない方は、メリットだけに目を向けるのではなく、そういったデメリットもきちんと把握した上で過払い金請求を行うかどうか検討することが大切です。デメリットがあっても、過払い金請求をした方が良いケースもあります。

また、過払い金請求を自分で行うか、専門家にお願いするかによってもデメリットの内容は異なります。自分に合った方法はどちらか、しっかり比較検討して、後悔の残らない過払い金請求を行いましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ