弁護士と司法書士の違いや選ぶ基準を紹介!過払い金請求の知識

弁護士と司法書士の違いや選ぶ基準を紹介!過払い金請求の知識

過払い金請求をしようと考えている方は、弁護士事務所や司法書士事務所など専門知識が豊富な事務所に依頼するとスムーズに進めることができます。過払い金の請求方法について、相談したり手続きを依頼したりすることで得られるメリットが豊富です。

ここでは、それぞれの事務所を利用することで得られるメリットだけでなく、デメリットについてもご紹介します。

ぜひ参考にしながら過払い金請求手続きを依頼する事務所を選んでみてください。

弁護士や司法書士に依頼するメリットについて

弁護士もしくは司法書士へと過払い金請求を依頼するメリットは主に三つあります。

一つ目は面倒な手続きが不要になることです。

自分で行う場合にはそれなりに知識が必要になる上、手間もかかります。 その点弁護士等に依頼をすれば、これらの手続きや和解交渉は全てその道に精通している専門家に任せられます。

周囲に知られることなく請求手続きが行えるというのが、二つ目のメリットです。

自分で請求手続きを行うに当たっては必要書類が自宅へと送付されるため、同居している家族の目に留まりやすくなります。

しかし、依頼をすれば書類を含めた全てのやり取りは依頼先の事務所を通じて行われるようになりますので、借金をしていることが周囲にばれてしまう心配はありません。

また、弁護士等が依頼を受理し貸金業者へと書類を送付した時点で、残債の返済及び取り立てはストップします。

以後、業者が依頼者本人へと直接連絡を取ることは禁じられますので、手続き中は借金の返済に悩まされることもありません。 本人が手続きを行った場合にはこれらが止まることはないため、過払い金請求時点でも残債が残っているという方にとっては特に大きなメリットであると言えます。

弁護士や司法書士に依頼する時の費用はいくらかかる?

sponge-for-washing-1212608_1920

弁護士や司法書士に依頼する時のデメリットは費用がかかること

過払い金請求は個人でも行えますが、初めての場合は分からないことも多く、弁護士や司法書士に依頼を考えている方も多いのではないでしょうか。 過払い金請求そのものを専門家にお願いするデメリットはほとんど無いと考えて良いです。

ただ相手も仕事なので、依頼をする以上は費用が発生することがデメリットとして挙げられます。

弁護士や司法書士を利用したことがない方は、多額の費用を請求されるのではないかと不安に感じる方も多いと思います。 それぞれの事務所によってかかる金額の設定は違いますが、支払わなければいけない費用の名目についてはどの弁護士や司法書士でもあまり変わらないので、全国の相場と比較をしたり、事務所のHPで金額を確かめて依頼するのが良いでしょう。

着手金

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合、着手金が必要になります。

そもそも着手金は、依頼した過払い金請求が成功しても失敗に終わっても結果に関わらず支払うお金です。 過払い金請求でお金が戻ってくれば返してもらえるというものでもありません。

過払い金請求で相手がすんなりと認めてくれれば良いのですが、時には裁判に持ち込まれるなどある程度の期間を必要とします。

その間の弁護士や司法書士の活動の対価として支払われるのが着手金です。

事務所によって着手金の額は違っており、着手金無料で依頼を引き受けてくれる事務所もあります。 日本弁護士連合会が行ったアンケートでは、着手金の費用の相場は貸金業者の数に1万円から2万円を乗じた金額にとなっています。

報酬金

過払い金請求では、払いすぎたお金を回収できた時に成功報酬を支払うようになっています。 報酬金の全国の相場は、おおよそ回収した金額の20%となっています。

ただ話し合いでは解決しないで裁判になった時、報酬金の相場は25%と高くなる傾向にあります。 手元に戻ってくるお金が多いほど報酬金も多くなるので、弁護士や司法書士に依頼する場合の一番大きな費用と言って良いでしょう。

また請求先が1社の場合と複数の場合では、数が増えても金額が同じ事務所もありますし、増えるごとに金額が加算されることもあります。

このように過払い金請求の費用は、それぞれの専門化の裁量に委ねられているので、クチコミなどをしっかりとチェックした上で、まずは見積もりを出してもらいましょう。

実費

過払い金請求をする際、基本的には上記の費用が必要となります。 場合によっては、その他に通信費、交通費、事務手数料、振込手数料、などの実費も掛かります。

実費がかかるかどうかは事務所によって異なりますので、契約前や相談時に確認するようにしてください。

過払い金請求を依頼する際、弁護士と司法書士どちらが良いか

scales-316888_1280

弁護士と司法書士の違い

弁護士と司法書士とは、何が違うのでしょうか?

最も大きな違いは、過払い金請求などで扱える金額です。 弁護士には特に制限がありませんが、司法書士の場合には140万円以下の案件のみと法律で決められています。

ですので、140万円以上の借金などの整理や、過払い金の請求は司法書士は取り扱うことができません。 以前は、借金の額自体ではなく減額してもらえた金額が基準になるという考え方で、司法書士が140万円以上の借金の問題を取り扱っていることもありましたが、2016年に最高裁で「借金の額で140万以下かどうかを判断する」という判決がでました。 そのため、現在では司法書士が140万以上の借金の問題を取り扱うことができなくなりました。

また、弁護士がすべての裁判所で本人の代理ができるのに対して、司法書士の場合、簡易裁判所のみで本人の代理ができるのみにとどまっています。

簡易裁判所で問題が解決できず地方裁判所以上の裁判所に進んでしまうと、弁護士を依頼することになったり、司法書士から後方支援を受けながら自分自らが裁判所に出頭する必要性が出てくる可能性があります。

弁護士に依頼するメリット

過払い金請求を弁護士に依頼する場合には、多少時間を掛けてでも全額返済を目指す場合に有利です。

過払い金額が140万円を超える場合であっても、最後まで弁護士に任せておけるので、手間がかかりません。

過払い金請求は、和解交渉により7割から9割程度の和解金を支払ってもらうことで解決する人が少なくありません。 早期解決を狙うのであれば、確かに有効な方法ですが、過払い金返還請求訴訟を提起することで、過払い金の全額返還に加えて年5%の利息を付けた形で返還してもらえます。弁護士への手数料を差し引いても、訴訟提起を辞さない覚悟で望めば、自分のお金を全額取り戻すことが出来るわけです。

弁護士に過払い金請求を任せれば、和解交渉しつつ訴訟提起も気兼ねなく出来るので安心出来ます。

司法書士に依頼するメリット

過払い金請求を司法書士に依頼すれば、比較的安い手数料で過払い金の返還交渉をしてもらえます。 司法書士が取り扱える金額は、140万円未満に限られており、簡易裁判所に不当利得返還請求の訴訟提起も行えます。

比較的過払い金が少ないケースであれば、司法書士は和解交渉を積極的に行ってもらえるので、過払い金の7割から9割り程度で我慢出来るならば、依頼すると早期解決になるでしょう。

貸金業者としては、訴訟提起されるよりも和解交渉を中心に行ってもらえる司法書士の方が、話を早く進められるので、利害が一致しやすく早期解決に繋がりやすいわけです。元々は過払い金請求出来ることを知らなかったケースで、自分のお金がある程度取り戻せれば良いと考えているならば、手数料が安い司法書士に任せると良いでしょう。

専門家選びの極意はどれだけ過払い金を取り戻すことができるか

pen-631321_1920

過払い金請求を専門家に依頼する際には、どれだけ過払い金を取り戻すことができる見極めることが重要です。

全取引履歴を金融業者から取り寄せて、金利引き直し計算を行い、過払い金請求を行なう所までは弁護士と司法書士に違いはありません。 金融業者から和解交渉を持ちかけられるので、過払い金の5割から8割程度の和解金の提示を受けた時には、そのまま受けるか拒否して和解交渉を続けるか判断する必要があります。

過払い金請求の和解交渉は、弁護士と司法書士のどちらでも可能ですが、司法書士は簡易裁判所にしか提訴出来ないので、過払い金が140万円未満でなければ訴訟提起が出来ない点に注意が必要です。 和解交渉は出来るものの、金融業者側も司法書士との交渉であれば提訴出来ないことが分かっているので、和解金額を低めに提示し続ける可能性もあります。

一方、弁護士の場合は訴訟を起こすことができるので、なるべく和解交渉で終わらせようと条件の良い金額を提示することがあります。

これだけを考えると弁護士の方が良いように思いますが、そう単純ではありません。 司法書士は、弁護士に比べて依頼する際の費用が安い傾向があります。 弁護士は訴訟を起こすこともできますが、訴訟を起こした場合は報酬費用が上がります。

このように取り戻せる金額が多くてもその分費用がかかってしまうと、むしろ損してしまうこともあります。 ですから、専門家を選ぶ時は弁護士や司法書士のどちらが良いかという視点ではなく、どの事務所に依頼することが一番過払い金を取り戻すことができるのか、トータル的に判断することが重要になります。

過払い金請求時に良い事務所を選ぶためのポイント

adventure-1850673_1920

信頼できる事務所か見極めることに手を抜かない

過払い金請求は自分で手続きを行うには難易度が高いため、通常は弁護士や司法書士といった法律の専門家に手続きを依頼します。

ただし、事務所選びによって受け取ることができる過払い金の金額も変わってきますので、しっかり見極める必要があります。

その際のポイントの一つが、信頼できる事務所かどうかという事です。

これまでに過払い金請求をしたことがある人のレビューや、相談などで対応してくれた弁護士等の態度などで、誠実そうな事務所を選ぶようにしましょう。 相性が悪いと感じたら他の事務所も回らなければならないため、手間と時間はかかりますが、中には取り戻した額の大半を報酬として取り上げる事務所や、手間を惜しんで少額しか過払い金を取り戻さないようなところもあり、注意が必要です。

過払い金請求・債務整理を専門としている事務所か確認する

弁護士や司法書士ならば、だれでも過払い金請求を専門としているわけではありません。弁護士は法律的には誰でも過払い金請求ができますが、これまでに手続きをほとんどしていない場合には、柔軟な対応が困難な可能性があります。

また、司法書士は簡易裁判所の訴訟代理に限定されているため、一社あたり140万円までの過払い金請求しか交渉や訴訟をすることができません。 それも、司法書士の資格だけでなく、簡裁代理権を取得している司法書士に限られています。

したがって、事務所探しをするときには、これまでに過払い金請求の案件を多数取り扱っている事務所であることを確認し、金額によっては弁護士と司法書士を使い分けることが重要になります。

料金体系や費用の説明がわかりやすいか

弁護士や司法書士は、事務所ごとに報酬規程を作成して、それに応じた報酬を請求します。

そのため、同じ案件でも事務所ごとに費用の額面が異なります。 過払い金請求の場合には、着手金や相談料を無料にして、過払い金が回収できた時点で報酬と実費を請求するところが多いので手出しの心配はありませんが、事前にきちんと料金体系や費用の計算方法を説明してくれるところの方が安心できます。

通常は、回収できた金額に一定の割合を乗じて報酬を算出しますが、事務所によっては高額の回収ができた時に規定よりも高額の報酬を差し引くケースも見られます。 そのため、自分でも報酬額を計算できる事務所の方が信頼できますし、訴訟か和解交渉にするのかなどの方針も決めやすいです。

費用が安ければいいわけではない

過払い金請求を弁護士や司法書士に頼むと、どうしても10万円単位の報酬が発生してしまいます。 そのため、費用の安い事務所を優先的に選ぶ人もいますが、必ずしも費用が安いからと言って自分の手元に入ってくるお金が高額になるとは限りません。

事務所によっては、大幅に金額を下げて和解で終わらせるところもありますし、訴訟で満額に近い金額を回収するところもあります。 また、引き直し計算を業者に外注して別途費用が加算されるケースもあります。

そのため、手元に入る現金を増やしたいときは、その事務所の方針やおおよその実費の目安なども聞いておき、最終的に最も高額の手取りになるのがどの事務所なのかをトータルで判断する必要があります。

過払い金請求の訴訟を提案してくれるか

過払い金請求を請け負っている事務所は多く、各事務所によって費用や提案の仕方なども異なってきます。

過払い金を満額請求したいのであれば、事務所を選ぶ時に訴訟を起こすかどうかを確認してくれる法律家がいるところを選ぶのもひとつの方法です。

訴訟を起こせば、多くの過払い金を返還してもらえるチャンスが増えます。 貸金業者の利率がグレーゾーンだったことは明らかで、訴訟によって依頼者の請求が通ることも多くなるからです。 費用が安いことや利便性が良いだけでなく、依頼者のためになる提案をしてくれる弁護士や司法書士に依頼することが大切です。

まとめ

binding-contract-948442_1920

過払い金請求をする場合、債権額によって司法書士にはできないものがあることは理解できたでしょうか。 弁護士であれば債権額に関係なく迅速に対応してもらえますが、報酬が司法書士に比べて高いところが多いです。

弁護士事務所によっては司法書士を雇っている所もあり、相談内容に応じてどちらかが対応してもらえます。 また、弁護士はそれぞれに専門であったり、自信のある分野が異なります。 依頼する際には費用の安さで選ぶのではなく、依頼する弁護士がどの様な弁護士か、実績などを調べて過払い金請求や債務整理を専門とする事務所かをよく調べた上で依頼しましょう。

弁護士も司法書士もそれぞれにメリットがあるため、よく検討して自分にあった信頼できる人に依頼することをオススメします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ