「働いてるのにお金がない」ワーキングプアは借金地獄への入り口

「働いてるのにお金がない」ワーキングプアは借金地獄への入り口

ここ数年、ワーキングプアというものが社会問題になっています。ワーキングプアとは仕事をしているにもかかわらず貧困に苦しんでいる人のことを言います。以前は中年男性が多かったワーキングプアですが、最近は若者や女性の貧困層が増えてきています。

余裕をもって生活をしていても、いつ働いている会社が倒産するか分かりません。事故にあって満足いく給料をもらえなくなる可能性もあります。いつ自分の身にふりかかるか分からなく、他人事ではないのです。

事前に収入と支出のバランスが崩れることがわかっていれば対処のしようはありますが、いきなりワーキングプアになってしまうということも考えられます。身近な社会問題、ワーキングプアについて理解しておきましょう。

働いててもお金がない、ワーキングプアとは?

社会問題にもなっているワーキングプアですが、一体どんな人のことをワーキングプアと呼ぶのでしょうか。

ワーキングプアとは仕事をしていてもまったくお金が貯まらないどころか、日々の生活すらギリギリの貧困層のことを言います。一般的には年収200万円以下の人や、非正規雇用で働いている人が対象となっています。

今の日本で増加しており、誰にとっても他人事ではありません。今、普通に生活と貯金をしていけるだけの収入があったとしても、いつ会社が倒産するかわからないため、大手企業に勤めていたとしても安心はできないのです。ワーキングプアは誰でもなる可能性があり、決して他人事ではない問題です。

ワーキングプアの年収は200万円以下

ワーキングプアと言われている人たちの年収は200万円以下です。もし年収が200万円だった場合、月の手取りは15万円程度になります。月15万円で生活が成り立つ地域に住んでいる人もいますが、基本的に月15万円で生活をするのは厳しいでしょう。

年収が低い人が増えた理由として、非正規雇用ではたらく人が増えたことや、不景気から企業が人件費を削減していることなどが挙げられます。

ワーキングプアは貯金がない

ワーキングプアと呼ばれる人たちは、貯金がない人がほとんどです。貯金したい気持ちがあっても収入が少なく、貯金に回すお金がないのです。

貯金をする余裕がないと、病気になったりケガをしてしまった時に、お金が足りなくなり借金をしてしまうことにもなりかねません。

ワーキングプアはどう生活をしているのか

日々の生活で精いっぱいというワーキングプアはどのように生活をしているのでしょうか。

ワーキングプアは仕事をしているので収入が0というわけではありません。収入はあるが、未来の自分への投資をすることもできず、食べたいものを我慢してムチャな節約をしているという人が多いです。

未来の自分への投資ができないということはキャリアアップして収入を上げることも難しくなります。いつまで経ってもワーキングプアから抜け出すことができなくなってしまうのです。

現状維持は危険!ワーキングプアでいるリスク

今ワーキングプアの人は、自ら望んでワーキングプアになっているわけではないと思います。

ワーキングプアでいるメリットは一切ありません。一生懸命働いても自由に使えるお金がなく、何のために働いているのかわからないという状態になっている人がほとんどでしょう。それでも毎日生きていくために仕事をやめるわけにはいきません。

ワーキングプアでいるとどれだけのリスクがあるのか見てみましょう。

借金地獄におちいる可能性がある

今は借金していない人もこのままワーキングプアの状態を続けていると借金をしてしまう可能性が高いです。

たとえば病気やケガをして少しの間、仕事をすることができなくなったとします。仕事ができなければ収入は減ります。さらに普段の生活ではかからない医療費までかかってしまいます。

収入が減るのに出費が増えれば、キャッシングなどで借金をしのごうとする可能性が高くなります。借金をすれば返済をしなければなりません。生活に余裕がない状態で返済をすることはむずかしいので、借金地獄へとおちいってしまうでしょう。

住む場所を失う可能性がある

借金をしていなくても家を失う可能性はあります。今は、ギリギリの生活でも家賃などを支払ってなんとか生活することができているかもしれません。しかし、今の世の中いつ職を失うかもわかりません。そういうときに貯金がなければ家賃を払うこともできず、住む家を失うということになりかねないのです。

ワーキングプアは若い人に多いという印象ですが、実際は女性や40代以上の人に多いので、職を失っても再就職はなかなかむずかしいでしょう。

年齢を重ねれば重ねるほど転職や再就職はむずかしくなります。行動を起こすのではあれば少しでも早い方がいいです。

精神的な負担が大きくなる

誰でも病気にはかかりますが、ワーキングプアの場合は精神的な負担が大きいので精神的に病んでしまうという人も少なくありません。

病気になることで仕事を休み収入が減ったり、医療費を出すことを避けようとする傾向にあるので、気づいた時には悪化していてどうしようもない状態になる場合があります。

ワーキングプアから脱出する方法

結論からいうと借金をしないようにし、収入を増やすことです。

それができたら苦労しないよと思うかもしれませんが、こればかりは収入を増やし、支出を減らすということが一番大切といえます。

ではどうすればこの問題が解決するのか、いくつかの方法を紹介するので見ていきましょう。

転職をする

今の会社で働き続けて収入はあがりますか?なかなか一歩を踏み出すのに勇気がいるかと思いますが、おもいきって転職をしてしまうのが一番でしょう。

思い通りの給料をくれる会社に就職できなかったとしても、副業が可能な会社や残業がない会社などを選ぶことによって副業で年収の低さをカバーできる可能性もあります。

今の時代、転職はめずらしいことではありません。一度、求人情報を見てみるといいでしょう。

生活保護を申請する

余裕のない日々で精神的に参ってしまった場合、生活保護という制度を利用することも検討しましょう。

生活保護は働けない人のための制度ですが、精神的に病んでしまいどうしようもなくなってしまった場合は役所に相談し生活保護を申請してみましょう。

注意しなければいけないのが、働けるのにラクしたいからという理由で申請することはできません。

支援団体へ相談する

ワーキングプアや住む家を失った人向けの支援団体がいくつかあります。支援団体は自立を目指す生活が貧しい人やワーキングプアのために助け合うための制度を設けているので、一人で悩むのではなく相談をしてみるのも手でしょう。

借金してしまった人は債務整理がオススメ

すでに借金をしてしまって日々の生活がさらに苦しくなっている人は、今すぐに弁護士や司法書士へ相談してください。

弁護士や司法書士はお金がかかるイメージがありますが、最近は無料で相談をうけてくれる法律事務所が多くなってきています。まずは客観的にどうしたらいいのか判断してくれるプロに相談するのが一番です。弁護士や司法書士へ相談をすると大体の場合、債務整理をすすめられます。

債務整理とは国が認めた借金問題の解決方法で、任意整理・個人再生・自己破産・特定調停の4種類からその人に合った方法を選ぶことができます。

ワーキングプアの場合、仕事をしているので平日に裁判所へ行かなければいけなかったり、書類を自分ですべて用意しなければいけない特定調停はオススメしません。

長い間、借金をしているという人は払いすぎた利息(過払い金)がある可能性が高いので、過払い金請求をおこなうのも手です。

デメリットとして、過払い金請求以外は信用情報に事故情報が載る(ブラックリストに載る)ため一定期間、クレジットカードをあらたに作ったりローンを組むことができなくなります。

ワーキングプアの人は生活に余裕がないはずなので本来、借金をしてはいけない状況です。ブラックリストに載ったところで大きなデメリットにはならないでしょう。

債務整理ときくといろいろ制限ができて生活がしづらくなるのではないかと思っている人も多いでしょうが、生活を立て直すためには大切な手続きなので怖がる必要はありません。まずは債務整理を専門にしている弁護士や司法書士へ相談してみましょう。

過払い金請求

過払い金とは借金返済のときに払いすぎた利息のことをいいます。2007年くらいまでは、多くの消費者金融やクレジットカード会社が法律より高い金利でお金を貸していました。法律で決められている上限より多く払った分を過払い金請求することによって取り戻すことが可能です。

18%以上の利率で借金をしていれば過払い金が出ている可能性が高いです。2007年ごろまでに借金をしたことがある人は過払い金が発生している可能性があるので、まずは弁護士や司法書士へ依頼して調査をしてもらいましょう。

調査まで無料でしてもらえる事務所を選ぶことによって費用を抑えることができます。過払い金があった場合、そのまま取り戻す手続きも依頼することができるので、まずは相談をすることが大切です。

過払い金には時効があり、最後に取引をした日(完済した日)から10年経ってしまうと時効が成立し、いくら過払い金があっても取り戻すことができなくなってしまいます。

今は借金をしていないけど借金をしたことがあるという人、昔から借金を繰り返していて完済できていないという人はすぐに過払い金があるか調べてください。

任意整理

任意整理は一番利用者が多い債務整理の方法で、比較的かんたんに手続きをおこなうことができます。手続きをする借金を選ぶことができるのが大きな特徴です。

弁護士や司法書士へ依頼し、今後発生する利息をカットすることにより、スムーズに借金を返済していくことが可能になります。また、月々の返済金額を低くして負担を軽くできます。

任意整理をするときに過払い金があることが分かれば、借金から過払い金分を差し引くことができるので借金が減ったり、なくなる可能性があります。

注意しなければならないのは、任意整理は手続き後も返済を続けなければならないので仕事をしていて収入がなければ手続きはむずかしいです。働いているからこそできる手続きです。

個人再生

個人再生は、持ち家がある人にとってはうってつけの手続き方法です。住宅ローンが残っている場合、家をうしなうことなく借金を大幅に減額してもらうことができます。もちろん持ち家ではない人でも手続きは可能なので安心してください。

減額してもらった借金を3~5年かけて無理なく返済していきます。

個人再生はすべての借金を対象におこなう手続きなので、車のローンなどがある場合は車は手放すことになります。(住宅ローンは除く)

自己破産

自己破産は債務整理のなかでも最終手段といわれている手続きです。20万円以下の価値の財産や99万円以下の現金以外をすべて手放すかわりに、借金の返済をする必要がなくなります。借金をなくすことができる債務整理は自己破産だけです。

職業の制限もあり警備員などの仕事をしている場合、手続き中は仕事に就くことができなくなってしまいます。

自己破産は財産がなければ大きなデメリットはないので、すべてをリセットしてやり直したい場合には効果的です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金の回収金額がNo1
  • 週刊ダイヤモンド誌で過払い金の回収金額がNo1で紹介されています。東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌と全国8事務所に展開していて、該当地域だけでなく無料で出張相談もおこなっている過払い金請求に強い事務所です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 街角相談所-法律- 匿名・無料でベストな解決法をシミュレーション
  • 毎月10,000人以上が利用する借金問題のシミュレーター。解決率はなんと驚異の80%。24時間365日、過払い金だけでなく債務整理などの借金問題に関するすべてを無料で相談ができます。

    • 毎月10,000以上が利用
    • 解決率80%
    • 過払い金も債務整理も相談可能
    • 匿名・無料で利用可能
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応

    公式サイトへ

  • No.3
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 弁護士だからできる解決方法
  • 弁護士にしか弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は他の大手の法律事務所と違って、安心の全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日対応しています。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ